男女

タクシードライバーを目指すなら|タクQを利用して転職活動をしよう

転職はライバルが多い

履歴書

人柄が表れる書類

転職の経験がないと、ハローワークや求人サイトで、履歴書と職務経歴書を事前に提出しなければならないと知ると、驚く人が多くいます。転職の場合、すぐに面接できると考えていて、最近は書類選考があるということを知らないからです。今は転職することが当たり前になっていて、求人サイトから簡単に応募することもできるので、以前より気軽に転職活動をする人が増えています。そのため多くの応募者の中から、有能な人材を効率良く採用するために、職務経歴書の提出が求められるようになりました。職務経歴書について認識が甘いと、履歴書のついでに出すもの、という感覚で作成してしまいます。しかし職務経歴書はフォーマットがないので、応募者の人柄もよく表れます。

最低限のアピールで十分

多くの職務経歴書を見てきた企業の採用担当者には、適当に作ったものはすぐに分かってしまいます。転職はライバルが多く、面接を受けることも難しい、ということを肝に銘じて、自分の意欲や人柄が伝わる職務経歴書を作成します。フォーマットがないので、初めて書く場合は、とても悩みますが、自分の今までの経験を思い出し、社会人として積み上げてきたことを書き出すと、自然とフォーマットも浮かんできます。パソコンのスキルに自信があると、色々アピールしたくなりますが、シンプルで見やすいフォーマットにすることを心がけます。職務経歴書では、最低限のパソコンの操作ができることと、分かりやすい文書を作成する能力があることを、アピールできれば十分です。