男女

タクシードライバーを目指すなら|タクQを利用して転職活動をしよう

独立するまでの方法

間取り

どこかに所属しよう

何らかの資格を持っていると、いずれ、独立開業できることがあります。しかし、最初からできるわけではありません。まずは地道に実績を重ねていくことが大切です。例えば、一級建築士の資格を持っていても、最初から仕事がスムーズに入ってくることはないのです。フリーで働くとなると、何の実績もないので、誰も依頼してはこないでしょう。それなら、どこかの事務所に所属してしまった方が仕事も入ってきます。まず、一級建築士の求人を探してみましょう。通常、建築事務所で募集をかけるものです。有名な一級建築士の居る事務所なら、仕事のアシスタントもできやすいので、いろいろと勉強になります。小さな事務所なら、すぐに仕事を任せてもらえることもあるので、様々な求人を比較しましょう。

実績を重ねていく

建築事務所に一級建築士として採用されたら、しばらく与えられた仕事を地道にこなしていきます。一つでも手掛けたものがあれば、次に依頼された時、手がけたものとして提示することができてPRに繋がります。手がけたものがどんどん増えれば、依頼側も依頼しやすくなってくるはずです。このようにして、実績を重ね、人脈を得られるようになったら独立開業しましょう。今までお世話になった建築事務所をスムーズに退職できるように、根回しも必要です。また、独立開業となっても、ある程度のスタッフが必要になります。求人をかけることになるので、この点も人脈を作ったり、資金を貯めたりしておくことが大切です。一級建築士の求人は頻繁にあるものではないため、見つけたらすぐに応募しましょう。